スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめカンタービレ LESSON123 #感想
こんばんは。
今日は寒かったですね。。何故?
雨だったので教科書がもう濡れちゃいました(´;ω;`)

カウンターが回っているのは多分のだめのお陰だと思います。
すいません遅くなりましたが、感想です。
nodapo1.png

巴里編。。アニメ化するのか。。?
ぼへキスを再現してくれたらそれで満点あげますよ。

*私の感想にはネタばれに躊躇ありません、単行本派の方はご注意を。
あくまで私個人の感想です、見た後の苦情は受け付けませんので(・∀・)


本誌には125話と書いてありますが、多分123話だと思いますよ。

■表紙:森の中を彷徨っているのだめ
”離れてしまうまでに 振り返ってくれますか? 迷子になったら 探しに来てくれますか?”
(煽り文からして切ないんですけど。。)

>Ruiとの共演も終わり、千秋のウィルトール公演も最終楽章を迎える。
ムソルグスキー組曲「展覧会の絵」

千秋の公演は好評のまま終了しました。

客席にはRuiとRuiママもいましたね。Ruiのサングラスはまぁ。。いいか←

公演の終了後アパルトマンメンバー+リュカの会話。
リュカは最近黒さが目立ちますよね(笑)可愛いけど。
でもいきなり「指揮 やってみようかな」だなんてね☆
千秋の指揮に何かを感じたのかも。(愛駄々漏れでしたからねw
そしたらいつかのだめと共演できるかも・・・と後ろを振り返りますが、
もうそこにはのだめの姿はありませんでした。
リュカも結構切ない気がする。叶わない恋って感じで。

一方千秋は、今日の好演のことを思い出しています。
その中でのだめの事も考えています。
”Ruiのことになるとあいつはすぐ焦りだすけど 今はそうじゃないと信じているし・・”
千秋がのだめを信じているのはこの3,4話で凄く分かりましたよね(笑
でも時々は面と向かって言ってほしいなぁ。。
千秋はラフマの時のように向上心を持たせてやりたかったのかな?
でも今回はそうはいきませんよね。。。( ̄ー ̄?).....??・・・
傷口に塩を塗る。かな。

家に帰ってきた千秋を待ち構えていたのは無理にハイテンションやってるのだめでした。
「ご飯にする? お風呂にする? それとものだめ?」
「えっ・・じゃぁ」
ちょv千秋vのだめが遮らなかったら何を選ぼうとしたんでしょうね(*´∀`)
いや良い公演で興奮が冷めない気持ちも分かるけど・・v

自分がおつまみを作るからと言い千秋を風呂に放り込むのだめ。
ここで千秋はのだめの様子がおかしいと気づきます。
何か、がおかしいとは気づいているみたいですが何が、おかしいのかは気づいてないみたいです。
だってのだめが真面目に公演の感想を喋ってるし。。ねぇ。

海苔をちぎりながらののだめの顔は何か焦っている様で。なんか。。

乾杯をするのだめと千秋。
シャンパンを一気飲みして
「今日は 泊まっていってもいいですよね。。真一君。。?」
と、色気づいた声で誘うのだめが凄く可愛かったv
「いいけど・・・」
恥ずかしながらも嬉しいのか千秋はあっさり承諾です。
明日朝早いぞ・・って今夜何かするのかという感じなのですが真一君w

ヴィエラ先生を紹介してくだサイと言うのだめは半ば酔っています。
それにしてもまだ紹介してなかったのか。。Σ(T□T)・・。

話を変えるべく千秋はのだめの試験の事を話し出す。
順調です・・と言ってるところはまだのだめは千秋に心を許しきっていないかも。
のだめは千秋の前では意地を張りますし・・
素直になればなぁ。。
目を逸らして言うのだめに千秋は様子がおかしいと再確認します。

問いただそうとしたとき、のだめが千秋にいきなり抱きつきます。。Σ(゜Д゜;)
「先輩 のだめのこと好きですか?」
「はぁ?」
「ずっと一緒ですよね?」
「なんでそんな・・」
何かを確認するように言うのだめに千秋は曖昧な返事しか返せなかったのがアレだな。
もう少し言葉にしてあげてもいいような。。
「うん」くらい言ってあげても損はしないぞ!

”わけがわからないけど
こいつも今・・ またこいつなりの変な方式で何かを乗り越えようとしているのかもしれない
きっと そうに決まってる”
と ぎゅ・・と抱きしめ返しながら考える千秋。外は満月。
今回は乗り越えようとしているというよりかは、何かを求めている感じがしますけどね。

切ないなー。。うん。

次の場面は朝なのですが
上半身裸の千秋が出てきます(・∀・) もうやってないは無いでしょう(笑
その横には姿こそ見えないが布団にくるまったのだめがいるし。
私が勝手に思ってた初期のストイックなイメージと全然変わりましたね。

身支度を整え、家から出ようとする千秋にあのハロウィンのだめが待ち構えます。
そしていきなり「結婚してくだサイ!」だもんなー。。
そんなのだめをいつものボケだろうと思い軽くかわす千秋なのですが
後々考えるとのだめの目が自分を真っ直ぐ見ていた事に気がつきます。

一人取り残されたのだめの前にはあのエロジジイミルヒーが!!
いつものノリに乗ってこないのだめに
「泣きたい時は 私の胸で泣きなサーイv」とこれもまたノリで言ってみたつもりなのでしょうが
思わず号泣してきたのだめに少し驚き気味なミルヒー。

野田恵(24) パリに留学してもうすぐ3年目 初めての欠席

となるわけですよ。

最後のコマはジャンとゆうこと待ち合わせという感じだったのですが、
のだめのあの言葉に困惑気味な千秋 の表情で終わりでした。
千秋は、今回は戻ってくるべきかも。


>あのRuiとのコンチェルトは千秋の想像以上にのだめにショックを与えたみたいですね。
千秋と何かで繋がっている、その何かを今回は愛情に求めた感じ。
繋がっている確証を得たかったのかも。
自分は音楽が無ければ、千秋と繋がるものが無いのではないかと焦ったのだめ。
そんなことないのにね。。のだめが思ってる以上に千秋はのだめの事想ってくれている、
ただ言葉にできないだけ。
最近ずっとのだめに困難ばっかりの回が続きましたので、のだめも疲れ果てて心も無いって感じですね。ここはミルヒーが何とかしてくれると思いますよ。
でも、ここを乗り切ればのだめの快進撃が始まるはず! がんばってのだめ!

でも結婚してください、ってフラグが出てくるとは以外でした。
もう言っちゃったんですから、千秋も意識せざるをおえないでしょうね(w
私的な最終目標は2人のコンチェルトだったのですが、
こんなフラグがたったら、なんだか結婚式で丸く収まりそうな感じが。。(o^-^)尸~''

のだめが泣いたのは多分結婚宣言を軽くかわされたからではないと思いますよ。
のだめだって、自分で焦っているって分かっていると思いますし。
千秋がうんとか言うわけないとも知っていますし。
ただ誰かに甘えたかった。。とでもいうのか分かりませんが。。
千秋にはまだ意地を張ってますからね。甘えちゃえばいいのにww←

さ、千秋はイタリア行きを断念するのか否や。。楽しみです。

”宴の後 旅立たれてパリにひとり 置き所のない思いは浮遊して、 
目の前の人の掌中へ・・・・・・・・・・・・・・・そして何かが起こる?”


次は6月9日(・∀・)
1日早いのは何故?
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

<< 遠くを見れば。 | home | タイトルなし >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。